金型のパイオニア

日本には、世界の名だたる企業が作る製品に必要とする重要な部品を作る企業がたくさんあります。
そうした企業の多くが株式市場に上場するような大企業というわけではありませんが、他の追随を決して許さない確かな技術と、匠の技を持っていることが多いのです。
それが、日本の物づくりを根底から支えています。
ヤマナカゴーキンは金型においてはパイオニアともいうべき企業で、作りだされる金型の精度の高さと品質のよさは、どこの国のどんな企業にも負けるものではありません。
会社の名前はそれほど有名ではありませんが、おそらく多くの一流企業の製品の中に、ヤマナカゴーキンの金型が使われていることでしょう。
操業以来、50年の年月の中で常に方針は品質第一、その言葉にかける熱い思いは全社員一丸となって品質の良い部品を生み出すことへの情熱として、会社に連綿と受け継がれてきました。
これからもヤマナカゴーキンの作りだす金型は、世界に新しい製品を誕生させ続けることでしょう。