メンテナンスや災害時等の補償をも鑑みた太陽光発電システム

昨今では企業や一般家庭でも工場やビル、あるいは集合住宅・一軒家の屋上や屋根のスペースに太陽光パネルを設置して、そこで蓄えられた太陽エネルギーからの電力を利用するという動きが活発になっています。
時に太陽光発電システムを販売する企業からは、メンテナンスが不要なのでコスト圧縮に貢献する、と言われる事があるかも知れません。
しかし現実には、定期的なメンテナンスを実施してこそ、より真価を発揮するシステムであると言えます。
一般の太陽光発電を売買する企業は、予想不可能な災害によりシステムトラブルに生じた時の対策までは、未対応である事が多い模様です。
当該太陽光発電システム販売する、アイエコでは年に2回、例えば3月と9月に定期点検項目を予め明らかにした上で、定期点検を実施します。
そして更に、保険会社でも屈指の三井住友海上が、メンテナンス総合補償制度を設けました。
このサービスを利用する事によって自然災害であっても、全てを自腹を切る必要がなくなるという訳です。
該当する保険金としては、大きく分けると3つに分類出来ます。
その一は、損害保険金です。
この中でも、自然災害補償・E/M補償と売電利益補償があり、それぞれケースバイケースで補償額が変わります。
その二は損害防止費用で、これに該当するのは火災・落雷、台風等が該当します。
太陽光発電の安心メンテナンス|eyeeco