仕事はもちろん、プライベートでも強みがある

「介護士はブラックな労働環境」だと言われることがありますが、近年ではその様相が変化しつつあります。
何故なら、どこの企業も慢性的な人手不足に陥っています。
超高齢社会の日本における介護業界はその上をいく忙しさとなっているため、人件費や労働環境などを改善している企業が成長を遂げているのです。
このような環境のため、もしも労働環境が自分に合わなければ積極的に転職しやすいというメリットがあります。

また、介護士の資格というのは労働するだけでなくプライベートでも確実に役立つと言えるでしょう。
それは、いつ誰の身にも起こり得る「親の介護の問題」です。
昨日まで元気だった自分の両親が突然寝たきりになってしまったら、知識や経験の無い人の場合、負担は相当大きなものになります。
しかし、介護士として働いていればノウハウがあるだけなく身近に頼れる人物や法律の存在を知っているため気が楽になるのです。

金澤幸緒も親の介護に悩まされた人物の一人ですが、自身も介護士として働いているということが非常に心の支えになったと語っています。
現在では仲間と食べ歩きを楽しむなど、精神的にも非常にリラックスしているため、親の介護にも明るく前向きに取り組んでいるのです。

http://nagi3288.livedoor.blog/